卑怯者の足立

2021年9月20日現在、ブラック研修業者である株式会社心はWebサイト上で研修を中止すると発表している。

しかし、株式会社心はいつも卑怯な手を使うので油断は出来ない。

株式会社心は自分たちの研修を「今はやっていない」と嘘をついたり、「愛情に重点を置く研修に改善した」と言って研修生を怒鳴りつける研修を続けたりしていた。

さらに、株式会社心の被害者から、「委託元の会社を騙して必要以上の研修費用を取っている」という情報提供もあった。

このような卑怯なやり方は間違いなく代表の足立の指示だろう。

株式会社心が研修を改善したと発表してからすぐに当団体に被害者から連絡があったのだが、その時の被害者からの情報によると、足立は威圧的な態度を見せず、副社長の立石が研修生を威圧していたという。

いつもは足立が威圧しているという被害報告が多かったのだが、当団体が注意を入れてからは威圧役を立石に押し付けていた可能性が高い。

足立はいつも綺麗ごとを並べ、必死に熱意を示そうとするが、研修の被害を指摘されるとこのように卑怯なやり方で逃げ、自己保身に走るのである。

今回もWebサイト上の表記はそのままでいきなり研修を再開するという事も考えられる。その際、研修生には当団体に連絡しないように圧力をかけるだろう。

仮にそのような事があった場合は、圧力に負けずに当団体に連絡をしてきて頂きたい。 もちろん、匿名で情報提供可能である。