株式会社心の足立裕志とは何だったのか

新入社員に研修の内容を一切通知せず、研修会場でいきなり威圧したり、「このご時世でなければ今すぐぶん殴ってやる」等と発言する悪質な研修を行っていた株式会社心であるが、2021年5月から研修を中止している。中止の理由は研修を改善する為としているが、今後は研修サービスの提供をやめる事も考えているという。これは果たして本当だろうか?

奴隷育成阻止協会です、我々はブラック研修と闘うために活動しています。

今回は、当団体が講師の解任にまで追いこむ事が出来た株式会社心の足立裕志について書いていく。

株式会社心は2007年に設立され、その後テレビ番組で取り上げられると、研修が威圧的だとして多くの批判を受けた会社だ。

番組では株式会社心の代表である足立裕志が新入社員に対して「君らを採用した会社は採用ミスだ」と言い放っていた。

番組なので少しオーバーな取り上げ方をしているのではないかと推測する方もいるかもしれないが、株式会社心の場合はその逆であり、実際の研修の方がかなり悪質であった。

当団体に寄せられた受講生からの情報によると、炎上した「君らを採用した会社は採用ミス」という発言は番組から5年以上経っても相変わらず行っており、言い方は番組よりひどく、「お前らを採用した会社ってクッソあほやな」と言い放つという。

そんな株式会社心と当団体は2年間闘った。
2022年、ようやく懲りたらしく、自分たちの研修を「プレイス&アビリティ」という会社に自分たちの研修を売り払い、Webサイトにて研修サービスの提供終了を発表した。

しかし、そのプレイス&アビリティの研修では足立裕志が講師として招かれ、従来の株式会社心の研修と何も変わらないものであった。

すぐに当団体に被害者から連絡があり、当団体が現場に向かうと車から降りる足立裕志と目が合った。

被害者からの情報提供をもとに株式会社心の研修に何度か突撃していた当団体は足立裕志に顔を知られていた。足立は青ざめた顔をして、なんと、その日の2泊3日の研修を半日で勝手に終わらせ、受講生を全員返らせるという暴挙に出た。

後に聞いた話によると、この行動によって主催のプレイス&アビリティに大きな損害が発生したらしく、その損害を株式会社心は一切支払わなかった。

このように株式会社心の足立裕志はとにかく根が臆病。何か問題が発生すれば嘘をついたり、弁護士を使って脅してきたりしていた。とうとう研修まで投げ出した足立裕志は元々自分たちが主催していた研修の講師を解任される事になった。