逃げ出した足立裕志、解任される

 

ブラック研修専門の会社である株式会社心は研修で被害者を出した事を反省し、研修サービスの提供を中止するとWebサイトで発表していた。

しかし、世間を錯覚させて逃げる事だけを考えるのが株式会社心である。今まで当団体や世間に以下のような嘘をついてきた。

 

①当団体に対し「もう研修自体、一切やっていない」と嘘の報告

②「研修を改善しました」とWebサイトで報告し、弁護士を使って当サイトから株式会社心の情報を削除するように要求。しかし、研修は改善されておらず、被害者から当団体に連絡が絶えなかった。

 

そして今回は「研修サービスの提供を終了した」とWebサイトで発表。これが三度目の正直になるかと期待していたが、ここでも株式会社心は嘘をついた。

2021年12月8日、山梨のロイヤルフジホテルという宿泊施設にて“プレイス&アビリティ”という会社の研修が行われた。

この研修は株式会社心がプレイス&アビリティに自分たちの研修を売り払って行われたものであり、講師も足立と立石が行うという従来の株式会社心の研修と何も変わらないものであった。

1度被害者を出した株式会社心が研修サービスの提供を終了すると発表してからこれが1番最初の研修であるが、すぐに受講生から当団体に「助けて欲しい」との連絡が来た。

受講生によると、プレイス&アビリティの研修は株式会社心から買収したもので、研修施設にほぼ監禁され、怒号を浴びせられる研修であるという事で、前の受講生の研修中の映像を見せられ、泣きそうになるぐらい衝撃的なものであったという事だった。

当日、当団体が研修施設に足を運ぶと、いきなり車から降りる足立裕志と目が合った。また嘘をついたのかと注意してやりたいところだったが、ここは他人を装い、悪質な研修が始まるのを待つことにした。

研修が始まり、足立裕志の挨拶らしきものが建物の窓から聞こえてきた。しかし、しばらくすると様子がおかしい。受講生が車に乗せられて帰っていくのだ。

そう、株式会社心は逃げ出したのである。

足立裕志と目が合った時に足立は勘づいたらしく、なんと予定されていた2泊3日の研修を半日で終わらせ、受講生を帰らせた。

後に聞いた話によると、この行動で施設側であるロイヤルフジホテルや主催会社のプレイス&アビリティに大きな損害が出たらしく、その損害を株式会社心は一切背負わなかった。

「何か問題が起これば嘘をついて逃げれば良い」「被害者が出たって知った事ではない」「自分たちだけが得をすれば良い」という株式会社心の考えが今回、仇となった。

この行動もあり、株式会社心の足立裕志は解任される事となるが、この話はまた次の機会に話す事にする。